メニューを閉じる

新着情報

改正後の民法で,約款についての規定が新設されたと聞きましたが,当社が,これまで利用してきた請負工事約款を変更する必要はあるのでしょうか。

当社は,建設業を行っているのですが,請負契約の分野においては,2020年4月から施行される新民法に合わせて,どのような点に留意すればよいのでしょうか。

当社は,自社の所有不動産を賃貸する事業を行っているのですが,賃貸借契約の分野において,2020年4月から施行される改正民法に合わせて、どのような点に留意すればよいのでしょうか。

納品した物品の範囲に争いのある未払い売掛金について、訴訟を提起したことにより約1500万円を一括払いで回収した事例

2020年4月から施行される改正民法に合わせて,売買契約書を見直したいのですが,どのような点に留意すればよいのでしょうか。

法定更新に伴う更新料の不払いと、賃料改定条項に基づく賃料の増額の交渉の依頼を受け、更新料を回収し、賃料の増額も認めさせた事例

民法が改正されるという話を聞きましたが,どのように対応すればいいのでしょうか。

基本契約書について、どのような条項に留意すればいいのでしょうか。

企業間取引の契約書レビューを行い,条項の修正などを行った事例

取引先からの基本契約書締結の依頼に対して、個別の条文ごとにリスク分析し、公平な内容に修正させた事例

基本契約書が締結されていない企業間の継続的取引の事案において,将来の取引継続に対する期待権を侵害するとして訴訟提起し,一定額回収することができた事例

預かっていたクラシックカーが停車中に衝突された交通事故において、所有者から合計約5000万円の修理代等を請求されたが、依頼者の負担額を25万円に抑えて和解した事案

取引先の代金不払いについて、顧問先からの相談を受け、初動から約3週間で公正証書を取りまとめ、短期分割で全額回収の合意を成立させた事例

当社に不利と思われる基本契約書が送られてきましたが、どのように交渉を進めればいいですか。

公正証書による債権回収のノウハウを教えてください。

明確な解雇事由があるとまでは認められない問題従業員の対応に関して、顧問契約を締結して継続的な対応を支援し、退職勧奨を実施して円満に退職合意をした事例

仮差押えをすれば、確実に債権を回収できるのでしょうか。

仮差押えとはどのような手続きでしょうか。

ご相談メニュー
CONSULTATION MENU