メニューを閉じる

会社法

平成18年5月1日より新会社法が施行されました。会社法の要点は、

①利用者の視点に立った規律の見直し
②会社経営の機動性・柔軟性の向上
③会社経営の健全性の確保

等です。ここでは特にご質問の多い、取締役の責任と株式譲渡についてご説明します。

 

取締役の責任について

会社法は、改正前商法とは異なり、株式会社の取締役が負うべき責任として、原則、過失責任としました。また、改正前商法では取締役会決議に賛成した取締役もその行為をしたものと見なす、と定められていましたが、その規定も削除されました。

⇒詳しくはこちら

 

株式譲渡について

株式の譲渡方法は、株券発行会社の場合、譲渡する旨の意思表示と共に、株券を譲受人に交付することによって行います。株式を譲り受けたことを会社に対抗するためには、譲受人は株主名簿に記載・記録する必要があります。

⇒詳しくはこちら

ご相談メニュー
CONSULTATION MENU