メニューを閉じる

契約を弁護士に依頼するメリット

契約書作成を弁護士に依頼する場合、以下のメリットがあります。
 

(1)貴社の利益確保

 契約は利害関係が対立する双方の当事者の法律関係について定めるものですので、当事者の力関係によっては一方当事者にとって有利なもの、あるいは不利なものもありえます。

 しかし、契約書のひな型は双方の当事者にとって中立的な立場から作成されていますので、当事者の力関係を正確に反映できていない場合があります。

 弁護士に契約書の作成を依頼した場合、当事者の関係も考慮に入れて契約書を作成できるので、より実態に沿った契約書を作成できます。

 例えば、貴社が相手方に対し契約書の原案を提示できる立場にある場合、貴社にとってなるべく有利となるような条項を盛り込むこともできます。

 

(2)特殊事情の反映・適切な修正

 契約を締結する場合には、個々のケースに応じて様々な背景となる事情がありますが、当然のことながら契約書ひな形はそれらを考慮に入れていない場合が多いです。

 弁護士が契約書を作成する場合は、背景となる特殊事情をヒアリングして契約書を作成しますので、より実態に即した契約書にすることができます。

 

(3)将来のトラブルを回避する

 契約書のひな型は、例えば債務の履行方法について「当事者間の協議の上、決定する」と定めている場合がありますが、これは債務の履行方法には様々なものがあり、ひな型を作成した者が特定しきれないため、当事者に内容を埋めてほしいという意図で、あえてこのような形にしてあるものです。

 しかし、ここをひな形のままにしておくと、将来紛争が生じた場合にトラブルになりかねません。

 弁護士に契約書作成を依頼することにより、条項を極力明確化し、将来のトラブルを回避できます。

 

(4)契約条項の交渉も有利に進められ、法務担当者のスキルアップにもつながる

 数多くの企業法務を取り扱う弁護士であれば、単純な契約書から複雑な契約書まで、日常的に契約書のチェックを行っております。

 さらに顧問先の企業様をはじめとする企業の皆様からのご依頼で、オーダーメイドで契約書を作成することも多いので、法律的な結論だけではなく、業種に合わせた実情をよく理解しています。そのような知識やノウハウを前提に契約書の内容を検討するため、修正や追加をした方が良い条項については、なぜ修正や追加が必要か、だけではなく、その修正や追加の重要度や、「なぜ修正することが合理的なのか」という、相手方との契約締結交渉における交渉上のポイントまでアドバイスすることが可能です。

 このように、契約内容を修正追加するという結論だけではなく、交渉のポイントまで踏み込んでアドバイスが可能ですから、契約条項の交渉も有利に進めることが可能になります。また、日常的に法務担当者が弁護士とやりとりを行うことで、法務担当者のスキルアップにもつながります。

ご相談メニュー
CONSULTATION MENU