メニューを閉じる

契約書の前文にはどのようなことを記載するのですか

前文にはどのようなことを記載するのですか。


 

 前文は、一般的に、契約書の内容をわかりやすくするために、「誰と誰の間で、どのような契約が締結されるのか」を記載します。

また、当事者が数人いるときには、前文で当事者の名称を特定のうえ、「甲」「乙」「丙」などとして略記しておくと、契約書が簡潔で読みやすくなります。

ただし、複雑な契約書を作成する場合、条項中の当事者の入れ違い(たとえば「甲が乙に」、と記載すべきところを、「乙が甲に」、と誤記してしまうケース)を防ぐため、あえて「甲」「乙」という略記ではなく、「○○社」など、認識しやすい略記を用いた方が適当な場合もあります。  

よくあるご質問一覧
FAQ
ご相談メニュー
CONSULTATION MENU