メニューを閉じる

契約書の後文にはどのようなことを記載するのですか。

後文は、契約書の締めくくりとして、一般に「上記契約成立の証として、本契約書を2通作成し、甲乙それぞれ記名・捺印の上、各1通を保管する」などと記載されます。

しかし、右のような記載があるにもかかわらず、記名のみで捺印がない場合や、「甲乙それぞれ署名の上」と記載されているのに、署名がなく記名や捺印しかない場合は、また当該契約は成立していない、という推定が働く可能性があります。

したがって、後文は、予定される署名・押印の方法と合致するように記載するべきです。  

 

よくあるご質問一覧
FAQ
ご相談メニュー
CONSULTATION MENU