メニューを閉じる

署名と記名の違いは何ですか

署名と記名の違いはなんですか。契約書ではどちらを用いるのでしょうか。


 

 署名は、自署すなわちサインのことです。

一方、記名は印字されたもの(パソコンで印刷されたものや、ゴム印で記したもの)をいいます。

前にご説明した通り、契約書の形式は決まっていませんので、署名・記名いずれを用いても契約の効力に影響を与えません。

ビジネス契約書においては、記名で記載されることが多いと思われますが、筆跡には個性があるため、署名の方が、後日署名者から、契約締結そのものを了承していないと主張されるおそれが少ないと言えるかもしれません。  

よくあるご質問一覧
FAQ
ご相談メニュー
CONSULTATION MENU