メニューを閉じる

特許を取るための要件は?

特許を取るための要件とは?


 

<事案>
 青年実業家のB君は、ある日ものすごいアイディアを思いつき、特許を取って大儲けできるのではないかと考えました。
 しかし実際どんな発明なら特許を取れるのか良く分からず不安になったので、大学時代の同期で現在弁護士をやっているBさんに聞いてみました。

<Bさんの回答>
Bさん: A君ひさしぶり。突然特許を取りたいなんて、あなたは相変わらずアグレッシブね。
Aくん: Bさん、呼び出してごめん。今日は特許について教えてほしいんだ。
Bさん: いいわよ。特許というと何かものすごい発明をしないと特許を取れないんじゃないかって
    気がするけど、実は特許を取るのはそんなに難しいことじゃないわ。
     あなたの家にある穴あき包丁もおろし金だって特許製品だったりするんだから。
    美味しいパンを焼く方法なんていう特許もあるのよ。
    特許を身近に感じてちょっと面白いわね。
    新しいアイディアならなんだって、特許を取れる可能性があるんだよ。
Aくん: じゃあ僕の発明も特許がとれるんだね。
Bさん: 本当になんだって取れるわけじゃないわ。特許を取るには要件があります。それは
         ①発明であること
         ②産業上の利用可能性があること  
         ③新規性があること
         ④進歩性があること
     の四つよ。
     これに当たれば特許が取得できるわ。分かったかしら?
Aくん: 全然分からないな。それだけ言われてもイメージができない。
Bさん: そうね、法律を勉強してない人には難しかったかもしれないわね。
     じゃあ、次回から一つずつ説明していきましょうか。

ご相談メニュー
CONSULTATION MENU