メニューを閉じる

当社に不利と思われる基本契約書が送られてきましたが、どのように交渉を進めればいいですか。

Q 当社と長年取引のある大手発注先から、システムの変更に伴い、今後は、基本契約書を取り交わすことになったとのことで、基本契約書を取り交わしたいとの申し入れがありました。取り交わすことを求められている基本契約書も送られてきましたが、当社に不利と思われる条項もあるようです。どのように交渉を進めればよろしいでしょうか。

A 基本契約書は、一旦取り交わすと、一定期間ごとの更新契約になっているケースが多いものの、それを変更することが実際には難しい状況になることが多いと言えます。

 また、相手方が一方的に作成した基本契約書は、当然相手方にとって望ましい条項が基礎になっていることがほとんどですから、内容をよく確認し、

 ①どうしても修正を依頼する必要がある事項

 ②できれば修正してほしい事項

 ③追加が必要な事項

など、重要度に応じて、その理由と、修正を依頼した時に、相手方が修正を拒否しにくい提案方法を検討して、修正の交渉を進める必要があります。

 この点、基本契約書は、相手方の書式であるから、修正の依頼をしても応じてもらえないのではないか、という質問を受けることが多いのですが、必ずしもそうではありません。

 問題は、相手方に修正を求める場合に、どうすれば相手方に受け入れてもらえるか、というテクニックになります。この点はノウハウの問題もありますが、例えば、民法や会社法等の一般的な法令、経済産業省等で公表されているモデル契約書など、比較できるものがある場合、その相違を設けることに合理性があるのか、と言った点や、そもそも、下請け業法等の関係法令に違反する条項になっていないのか、と言った点の法令のチェック、「相手方が指定する○○」、「等」と言った抽象的な表現によって、契約書上特定されていない事項を特定させる(特定できないのであれば、その必要性には疑問があります。)、等の方法があります。

 他にも様々な方法がありますが、このあたりは、まず様々な契約書を日常的に確認しており、実務の運用や、関係法令にも詳しい弁護士にまず相談するのが一番早いと思います。

以上

よくあるご質問一覧
FAQ
ご相談メニュー
CONSULTATION MENU