メニューを閉じる

株式会社楽楽館 代表取締役 石川敬治 様

 - ㈱楽楽館様の事業内容を簡単に教えてください。

 弊社は、松戸市、流山市、柏市の一部を対象に高齢者向け介護事業を運営しています。
1日型の地域密着型通所介護施設(いわゆるデイサービス)2カ所、機能訓練中心の通所介護施設2カ所、居宅介護支援事業所(いわゆるケアマネ事業所)1カ所、都合5つの事業所を運営しています。

 一日型のデイサービスでは、介護を必要とされる高齢者の皆様を日中お預かりし、食事や入浴、さまざまなレクリエーションを楽しむことを通して、人生の最後の段階を、いきがいを持って生活していただくことを目的としています。

 また、機能訓練中心のデイサービスでは、体を動かすことが減り、その結果虚弱状態に陥ってしまった高齢者に定期的に通所してもらうことで元気を回復してもらうこと、脳梗塞を患い片麻痺となり日常生活に支障をきたしている高齢者に機能訓練サービスを提供しています。

居宅介護支援事業所にはケアマネージャーが詰めており、当地域の介護を必要とする高齢者、そのご家族の介護課題の相談に乗る体制を整えています。

 現在、当地域の要介護高齢者500名程度にサービスを提供しています。今後は、デイサービスを卒業されたご利用者が安心して終の棲家とすることができる有料老人ホームを開設すべく計画を進めています。

 

普段どのような依頼をされているか教えてください。

 新規に施設を立ち上げるに際して、法的な問題がないか契約書の文面をチェックしてもらうことや介護施設の重要な戦力となる職員の労務管理のあり方、就業規則の内容などについて相談をさせていただいています。

 その他、介護施設では転倒事故など、どうしても防ぐことができない場合がありますが、このような事故発生の場合の対応などについて相談させていただくこともあります。

 

- 顧問契約を結んで良かった点を教えてください。

 事業を運営する上で、法令を遵守できているかどうか、この点を継続的に確認していくことが極めて重要です。この点、法律の専門家の立場から客観的に評価してもらえることは経営者にとって大きな安心材料となります。いつでも気軽に相談できる存在がいるということは、大変心強いことです。また、実際、先生方のお人柄が、とても相談しやすいと思っています。

 契約書一つにしても、専門家のチェックを受けているというだけで安心感が格段に変わります。自社の事業内容を把握している弁護士に相談できることは、話がスムーズに進むことはもちろん、的確なアドバイスを受けることができる点で重要です。先生からの指摘を受けて就業規則を全面的に見直したこともあります。

 また、社員が交通事故にあった際にも、すぐに相談・依頼させていただきました。事業運営以外にも、法的なトラブルというのは日常的に発生しますので、江原事務所が幅広い分野に対応していることもありがたいです。

 

- 最後に、顧問契約を考えていらっしゃる他の企業様にメッセージをお願いします

 事業を運営するという立場からは、法律事務所と顧問契約を結んでおくことは極めて大事なことだと思います。

 事業経営は、広範な法律的な制約の中で遂行せざるを得ず、事業経営の専門家である経営者といえども法律については素人です。法律の専門家の立場から様々な助言を得ることは適正な事業継続を達成するために必須なことだと考えています。

 法的な面では弁護士、経理面では会計士や税理士、労務面では社会保険労務士などそれぞれの専門分野の助力を得ることが、リスクマネジメントの観点から大事なことだと考えています。