メニューを閉じる

契約書に関するご質問1 契約書を作成しなければ契約は成立しないのでしょうか

この度、会社を立ち上げ、ある業者と取引を始めることになりましたが、契約書を作成しなければ契約は成立しないのでしょうか。


 

一般的に、契約は、口頭の約束だけでも有効に成立します(ただし、保証契約など、書面で締結しなければ効力を生じないものや、下請業法等の法律によって、書面の作成が義務付けられている契約もあります)。

したがって、たとえば売主と買主の間で「Aという商品を1万円で売る(買う)」という合意をすれば、契約書を作成しなくても、その時点で売買契約が成立することになります。

契約書に関するご質問2 契約書を作るメリットは何ですか

法律上、契約書の作成が義務付けられていない場合において、契約書を作るメリットは何ですか。


 

口頭の約束だけですと、いざ契約を履行する段階になって、取引の相手から「そんな契約はしていない」と言われたり、契約の内容を一方が誤解していて、「商品Aは、有料ではなく、タダでもらうという約束だった」、「商品Aの価格は、1万円でなく5千円だった」などと主張されたりして、トラブルの原因になる可能性があります。

 しかし、きちんと契約書を作成しておけば、このようなトラブルを未然に防ぐことができます。また、仮に裁判になった場合にも、契約書は、当事者が合意した内容を立証するための有力な証拠となります。

契約書に関するご質問3 契約書の体裁や方式は決まっているのでしょうか

契約書の体裁や方式は決まっているのでしょうか。


 

法律上、契約書の形式は決まっておらず、基本的には自由です。

しかし、ビジネス契約書は、契約書の一般的なマナーに沿ったものであることは通常ですし、形式面があまりに杜撰ですと、偽造された契約書であると疑われる可能性を否定できません。

契約書に関するご質問4 契約書の基本的な書式を教えてください

契約書の基本的な書式を教えてください。


 

一般的に、契約書には次のような事項を記載します。
①表題(タイトル)
②前文(一般的には、「甲と乙は、甲乙間の〇〇取引に関し、本日、以下の通り契約を締結する」などと記載します)、
③契約条項(「第1条(目的)」などと見出しをつけることもあります)
④後文(「上記契約成立の証として、本契約書を2通作成し、甲乙それぞれ記名・捺印の上、各1通を保管する」などと記載します)
⑤日付(契約書を作成した日付を記載するのが一般的です) ⑥当事者の署名または記名及び捺印

なお、上記はあくまで一般的な記載事項です。

法律上作成が義務付けられている契約書面においては、法律上要求される記載事項があります。詳しくは別途ご相談ください。

契約書に関するご質問5 契約書の標題(タイトル)には決まりがありますか。

契約書の標題(タイトル)には決まりがありますか。「契約書」、「合意書」、「覚書」などが色々な種類がありますが、契約の効力に違いはあるのでしょうか。


 

契約の内容は、契約書の本文(契約条項)によって決定しますので、タイトルには決まりがありません。

もっとも、混乱を避けるため、契約の内容に沿ったタイトルをつけるべきでしょう(売買契約であるならば、タイトルは「売買契約書」にするなど)。

なお、ビジネス文書のタイトルには「〇〇契約書」と記載されるのが一般的ですが、契約の内容は契約条項で決まる以上、「合意書」、「覚書」といった名称であっても、契約の効力に違いが生じることはありません。

1 / 612345...Last »
ご相談メニュー
CONSULTATION MENU