メニューを閉じる

元従業員から未払残業代の請求書面が送られてきました。請求された通りの金額を支払わなければならないのでしょうか。

元従業員からの請求書面に記載されている内容の金額を直ちに支払わなければならないわけではありません。

そもそも、未払残業代が発生しているかという問題点を、事実の有無、さらにその事実を前提とした法的評価について検討しなければなりません。

この検討の結果、未払残業代が発生していないとの判断になれば、当然ですが、会社が未払残業代を支払う義務はありませんので、元従業員の請求に応じる必要はありません。

仮に、未払残業代が発生しているとした場合、次に、実際の未払残業代はいくらになるのか、という問題点を検討する必要があります。

特にこの点については、元従業員が実際に「労働した」時間(実労働時間)の事実調査、就業規則などの賃金規定(家族手当など)の内容及び固定残業代の支払いの有無などの検討が最も重要になります。

元従業員からの未払残業代については、その金額が、本来支払わなければならない金額を超過していることもありますので、未払残業代請求がなされた場合、一度、弁護士にご相談することをお勧め致します。